クラス替えが必要な情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

過去の情報一覧

学校のクラス替えに関して

学校では、1~2年に1度程度クラス替えがあります。クラスはどのようにしてきめられているのかというと、公立の学校の場合、このクラス替えは、さまざまなことを考えてできるだけ平等になるようにクラス分けをします。学力だけではなく、運動能力や生活態度、前回までのクラス構成をチェックし、それぞれがどのクラスも平等になるようにクラス分けをしています。ただし、すべてを平均的に分けることは不可能ですので、多少の偏りができてしまうことはやはり否めません。このため、できあがったクラス編成を見ると、実際には少しの偏りが見られてしまうことがあります。

クラス替えで心機一転を図る

クラス替えとは、学内で同じ学年ごとのクラスを1年ないしは2年ごとに入れ替える制度のことである。大抵の場合は学年が上がるごとに行われ、担任もともに変わるケースが多い。クラス替えを行うことで、ほかのクラスだった時には関われなかった人たちとの交流も増え、友達の輪を広げることができる。また、メンバーが変わることでクラスの雰囲気も変わり1年1年を新鮮な気持ちで過ごすことができる。友達が増えることで学校生活が楽しく感じ、また年を重ねるごとに友達が増えていくわけであるから次はあの子と同じになりたいなど生徒の心にも期待感がつのる。学校を楽しく感じさせるための頼もしい制度である。