クラス替えが必要な情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学校で円滑に過ごすために

新着情報

学校で初めて学ぶ自己紹介の仕方

学校に入学したときやクラス替え、クラブに入部したときなど、初めて会う生徒達と顔を合わせる初日というのは、自己紹介をするようになっています。初めて多くの人前で自分の名前などを言うのは緊張しますし、何を話していいのかわからないものです。特にクラスでは、出席番号1番の人がトップバッターとして、最初に自己紹介をしなければいけないのが通例です。学校に入ると必ず通らなければいけない最初の試練です。自己表現がうまく、話ができる人がうらやましくもあり、こういう話しの進め方をすればいいのかと、とても参考になる時間でもあります。

うまく魅せる自己紹介

人間、生きている中で自己紹介というものは必ずと言っていいほど行うものである。特に学校の中では入学式に始まり、学年が変わるごとに行われるのが一般的である。人間、第一印象というものは大切である。学校での自己紹介というものは、クラス、出席番号、名前、好きな食べ物、趣味などを言うことが普通で、最後にこれからよろしくお願いしますというだろう。確かに、これでも自分をアピールすることができる。しかし、だれでも言いそうなことを言っても、みんなの印象には残りにくい。最後に、これからどんなことをしたいかなど目標や意気込みをいうこともいいだろう。