クラス替えが必要な情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学校生活を充実したものに

新着情報

学校には長い間通います

日本では就学が決められています。小学校と中学校の計6年間は義務教育といい、子供を持つ親は子供を学校へ通わせる義務が生じます。子供も義務として、就学しなければなりません。生きていく上で最低限必要な物を学ばせるためです。そして義務ではありませんが、高校3年間、今では大学へ進学することが一般的に。標準的な日本人の学校へ通う期間は、6歳から22歳まで、合計すると16年間にもなるのです。最近では高校も大学も通信教育で済ませ、早くに社会へ出る子もたくさん増えてきたようです。国の経済状況により就学率が変動するという現実があるようです。

在学期間と学びたいこと

学校の在学期間というのは、進学をした場合では異なります。一般的には小学校の6年間、中学の3年間、高校3年間です。そこに短大、専門であれば2年、四年制大学では4年間、大学でも命に係わる医学部や薬学部、獣医学部の場合にはプラス6年間通うことになります。通うことによって、人生の糧となる出会いがあったりします。一生涯の友を得る方も多くいます。基本的な学習をする義務教育から学びたいことを選択し、その道を極める大学以降の学習は、人生を豊かにしてくれることでしょう。子どもたちには、学ぶ楽しさを実感しながら通って欲しいと願います。